ポストコロナ・スタートアップ支援助成金2021

ABOUT

ポストコロナを見据えて

上限400万円×上限10件 最優秀賞 上限500万円 募集締め切り:7月9日 16:00

ポストコロナの地域社会や国際社会では、新たに表出したデジタル化・非接触化などをはじめ、様々な社会課題の解決が求められています。
ポストコロナ・スタートアップ支援助成金は、そのような社会課題に対して、スタートアップ等による革新的なアイデア・テクノロジーでチャレンジする起業家を支援します!
このWEBサイトでは、助成金の応募に関するセミナーや勉強会の案内、公開プレゼンテーションの開催について掲載をします。
助成金の詳細や応募に関することは、ひょうご産業活性化センターのホームページをご確認ください。

  • 10/15(金)
    13:00 - 17:00

    公開プレゼンテーション

    ビジネスコンテスト形式の公開審査会を開催します。
    一次審査を通過した9名のファイナリスト(下記に公開)によるビジネスプランの中から助成金採択者を決定するとともに、最優秀者1名を選定します。
    今回は、新型コロナウィルス対策によりオンラインでの開催といたします(ファイナリスト・審査員を除く)。ひょうごの未来を切り拓く起業家・スタートアップにご関心のある投資家・支援者・起業を志す方々といった皆さまのご参加をお待ちしています。

    インスパイア・セッション

    ファイナリストのプレゼンテーション終了後の審査中の時間を利用して、インスパイア・セッションを行います。モデレーターに山下哲也氏、ゲストに芹沢高志氏をお迎えして、ファイナリストの事業を提案を受けて、ポストコロナ社会に向けた新たな挑戦や起業に対する応援、SDGsやESGの潮流や新たな切り口での話題提供から、来場者の方や参加応募チームの皆さんと、新たなヒントやきっかけ、そして、刺激になるようなセッションを開催します。

    芹沢 高志 氏

    芹沢 高志 氏

    P3 art and environment 統括ディレクター
    1951年東京生まれ。神戸大学数学科、横浜国立大学建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。
    その後、東京・四谷の禅寺、東長寺の新伽藍建設計画に参加したことから、89年にP3 art and environment (https://p3.org) を開設。
    99年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。
    とかち国際現代アート展『デメーテル』総合ディレクター(2002)、横浜トリエンナーレ2005キュレーター、別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』総合ディレクター(2009、2012、2015)。さいたまトリエンナーレ2016ディレクター。
    著書に『別府』(ABI+P3)、訳書にバックミンスター・フラー『宇宙船地球号操縦マニュアル』(ちくま学芸文庫)など。

     

    芹沢 高志 氏

    山下 哲也 氏

    山下計画株式会社 代表取締役
    Silicon Valley Venture and Innovation LLC 日本代表
    メンター、Angel投資家
    NEC・Motorolaにて携帯電話の研究開発・国際標準化に従事後、ドコモでは海外展開・戦略提携・スマホ開発等に従事。2012年にイノベーションの研究及び起業家支援・教育を提供する山下計画株式会社を設立。
    2016年より500KOBEのLiaison Officerを務める他、岡山大にてSiEED・Entrepreneurship講座を設計・運営、文科省Entrepreneurship教育有識者委員、Silicon Valley Venture and Innovation LLC 日本代表を務める。MITにてMBAを取得(2007)。
    2016年度からスタートした「HYOGOクリエイティブ起業創出コンテスト」のプレゼンテーション指導を務める。

    タイムスケジュール
    ・開会
    ・ファイナリスト9社のプレゼンテーション
    ・フィードバックセッション
    ・審査結果発表
    ・閉会
    実施方法
    オンライン開催(ZOOMウェビナー)にて開催します。

FINALISTS

一次選考通過者

  • 株式会社オシンテック

    世界のルールと技術トレンドを掴む、SDGs課題解決基盤の提供

  • GENESIS

    ポストコロナのAI搭載Online-Liveマッチングシステムの開発

  • 株式会社たびぞう

    【疎】の魅力を商品化。新しい旅のカタチ【ぷちたび】を全国へ

  • 株式会社ソルトコ

    ポストコロナ・中小企業向けDtoC支援事業

  • 株式会社fixU

    店舗の無人化を行うサービス fixU の対応業種幅の拡張

  • 株式会社ビートラベル

    オンライン体験コンテンツによる次世代の交流ツール創出事業

  • 合同会社スペーシャル・アーキテクツ

    ドローン動画立体投影システムの改良による商品力強化

  • 株式会社 SaN テクノロジーズ

    スーパーマーケット向けウィルスフリーユニットの開発・提供

  • 今出 雄太

    Afterコロナのインバウンド需要増加によるトコジラミ被害を防ぐ事業

審査員

  • 忽那 憲治 氏

    国立大学法人神戸大学 大学院経営学研究科 教授

  • 東 博暢 氏

    (株)日本総合研究所 プリンシパル

  • 坊垣 佳奈 氏

    (株)マクアケ 取締役

  • 森田 太郎 氏

    (株)日本政策金融公庫 国民生活事業本部 北近畿地区統轄

  • 湯川 カナ 氏

    (一社)リベルタ学舎 代表理事/兵庫県広報官

  • 宮口 美範

    兵庫県産業労働部 産業振興局長

協力機関

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

ポストコロナ・スタートアップ支援助成金は、ビジネスプランを一次審査(書面・ヒアリング審査)と公開プレゼンテーションで審査するコンテスト形式で実施します。
助成金の応募に向けて、セミナーや勉強会を開催します。
一次審査を通過したファイナリストは、専門家等による事業計画のブラッシュアップを受けられます。
助成金採択までの流れは、以下のスケジュールが予定されています。

  1. 6/25
    助成金セミナー
  2. 6/28
    事前勉強会
  3. 7/05
    助成金セミナー
  4. 7/09
    助成金申請の締め切り(16時必着)
  5. 7月下旬から
    9月下旬
    一次審査
  6. 9月下旬
    ファイナリスト発表
  7. 9月下旬から
    10月上旬
    専門家等によるビジネスプランのブラッシュアップ、プレゼンテーション練習
  8. 10/15
    公開審査会(公開プレゼンテーション)